全国的に広がりを見せている“子ども食堂”。

にゃにゃまるは約1年前から2人の息子とともに利用しています。

約1年間子ども食堂を利用してよかったこと、困ったこと、気を付けていることをまとめました。今後子ども食堂の利用を考えている方の参考になれば幸いです。

■目次

 

 子ども食堂を利用してよかったこと

  ▶余裕のある食事時間を持てた

  ▶スタッフの方たち、利用者の方たちがみんな親切

  ▶にゃにゃキッズ1号の変化

 

 子ども食堂を利用して困ったこと

  ▶あるスタッフの行動

  ▶スタッフの伝達不足により怒られた

 

 子ども食堂を利用する上で気を付けていること

  ▶残さない

  ▶早めに食べ終わる

  ▶欠席のときの連絡

  ▶写真や映像に映りこまない

 

 まとめ

 

 

子ども食堂を利用してよかったこと

 ■余裕のある食事時間を持てた

これはこども食堂を利用して一番良かった点だと思います。毎日が精いっぱいで食事を味わうなんて余裕もなく、「早く食べなさい!」「よく噛んで食べなさい!」「テーブルに肘はつかない!」などなどにゃにゃキッズ1号に口うるさく言っていたにゃにゃまる。これではにゃにゃキッズ1号も楽しく食事できていなかったかもしれません。

 

それが子ども食堂で食事しているときには自分にも余裕が生まれ、にゃにゃキッズ1号と微笑み合いながら「おいしいね〜」って言えるんです。これ、本当に感動しちゃいました。子ども食堂を利用してからは普段の食事時間についても見直すことができるようになりました。

 

目次にもどる

 

 ■スタッフの方たち、利用者の方たちがみんな親切

スタッフの方々はみなさん「子どもたちの笑顔のために」とボランティアでされていますので子どもに対して本当に親切。また、にゃにゃまるがお世話になっている子ども食堂は“孤食”がテーマなので利用者のお年寄りは一人暮らしの方が多く、ほとんどの方が子どもと一緒に食事できることを喜んでくださり、すごく褒めてくれるんです。にゃにゃキッズ1号は好き嫌いが激しいのですが、そんな風に褒められたら苦手なものも「一口食べてみよう」ができるようになりました。

 

目次にもどる

 

 ■にゃにゃキッズ1号の変化

内弁慶で他人から話しかけられるとうつむいて何もしゃべることができなくなっていたにゃにゃキッズ1号ですが、子ども食堂を1年利用した今ではスタッフの方たちや利用者のおじいちゃんおばあちゃんたちと笑顔で話し合い、自分から話しかけることさえあるんです。これはにゃにゃキッズ1号にとって大きな成長となりました。

 

そして、毎回食べ終わったら必ず厨房にいるスタッフの方々に向かって「ごちそうさまでした!」と元気よく言うことをにゃにゃまるとにゃにゃキッズ1号の間で約束にしていたのですが。これも最初の方は恥ずかしそうにゴニョゴニョ言っていたのが今では元気よく言うことができるようになりました。それに伴い、幼稚園でも「おはようございます!」と元気よく挨拶できるようになりました。

 

目次にもどる

 

子ども食堂を利用して困ったこと

 ■あるスタッフの行動

スタッフの方(おばあちゃん)がにゃにゃキッズ2号に自分の食事を食べさせようとする時があること。
断っておくとそのスタッフの方はとっても良い方なんです。それゆえこちらも注意できないというのもあるのですが。。

 

それはにゃにゃキッズ2号がまだ生後11か月ごろのことでした。にゃにゃまるはいつものように食べるのが遅いにゃにゃキッズ1号に早く食べるよう促し、おとなしくしていたにゃにゃキッズ2号はベビーカーに乗せていました。ふと、「おいしいですかぁ?」と嬉しそうなスタッフのおばあちゃんの声がして見てみると、なんと!その日のメニューのひとつだったオムレツをスタッフのおばあちゃんがにゃにゃキッズ2号に食べさせているではありませんか!

 

おばあちゃんが食べかけのオムレツを、直箸で、何の断りもなくです!一瞬頭が真っ白になってどう対応すればいいのかわかりませんでした。スタッフのおばあちゃんは本当に人柄が良くって、にゃにゃキッズ2号を喜ばせようという純粋な気持ちで行った行為です。それは十分理解できます。食べかけのオムレツも直箸も百歩譲って何も言いますまい。

 

しかし、卵!

 

にゃにゃキッズ2号にはまだ卵は食べさせていませんでしたし、万が一アレルギーだったらどうするんでしょう!なぜ母であるにゃにゃまるに一言声をかけてくれなかったんだ!と…。幸い、にゃにゃキッズ2号はすぐにオムレツを吐き出し、その後まだオムレツを食べさそうとするスタッフのおばあちゃんには「もうお腹いっぱいなんです」と言って阻止しましたが…。


色んな世代の方と接するにあたって、それぞれに実践してきた子育てが違うのは理解していますが、このオムレツ事件はかなりヒヤヒヤしました。それからは本当に気を付けています。

 

目次にもどる

 

 ■スタッフの伝達不足により怒られた

にゃにゃまるがママ友になんとなく子ども食堂のことを話し、そのママ友が子ども食堂を利用したことときのことです。

ママ友は1回だけ利用のつもりだったらしく翌週は来なかったのですが、(にゃにゃまるとママ友の間でも特に初回利用後子ども食堂について話し合うことはなかった)ママ友が来なかったその日に突然スタッフの方から「毎週利用が基本なんだけどどういうこと?ちゃんと説明してなかったの?」みたいな感じで言われちゃいました。

 

え?ちょっと待って、にゃにゃまるから説明しなきゃいけなかったの??だったら事前にそう言ってよ〜。


にゃにゃまるはただ話の流れで子ども食堂のことを話して、ママ友が自主的に利用しただけであって、利用説明のときにスタッフの方からちゃんとルールなどの説明がされていると思っていました。正直ちょっと嫌な気持ちになっちゃいました。

でもよくよく考えるとスタッフの方はボランティアで運営されているのであって、利用者のにゃにゃまるが何かお手伝いすることは全然かまわないんです。何も知らないのに突然責められたのは正直ショックでした。

誰かを紹介するときは注意が必要ですね。

 

目次にもどる

 

子ども食堂を利用するにあたって気を付けている点

 ■残さない

これは作ってくれる方への最低限のマナーですよね。にゃにゃまるは苦手なものが出ても頑張れば食べることができますが、好き嫌いが多く食が細いにゃにゃキッズ1号はそうもいきません。

子どもも大人と同じ量が出てくるので完食はまず難しく、卒乳後のにゃにゃまるがにゃにゃキッズ1号の残した分を余分に食べるのも辛くなっていったため持ち帰り用のタッパーを持参することにしました。また、残してばかりではにゃにゃキッズ1号のテンションも下がるばかりですのでごはんはあらかじめお茶碗半分でお願いしています。

 

完食できた方がにゃにゃキッズ1号も満足感や自身が持てますし、たまにおかわりしたときなんかにはスタッフの方に「おかわりください」と言いに行くにゃにゃキッズ1号は自信に満ち溢れた表情をしています。

 

目次にもどる

 

 ■早めに食べ終わる

にゃにゃまるがお世話になっている子ども食堂は18:00に提供が始まり、利用者への提供が一通り終わった18:20頃にはスタッフの方々も一緒になって食事します。

スタッフの方々は早めに食事を終わり後片付けに入られるので、利用者があまりにものんびり食べていると迷惑が掛かりそうな雰囲気。にゃにゃキッズ1号がまだまだ食べ終われそうにない時にはあとどのぐらい食べるか約束し、残りはタッパーに詰め持って帰って食べることにしています。

せっかくの子ども食堂、にゃにゃまるはできるだけ口うるさくせず、にゃにゃキッズ1号に楽しく食事してほしいなと思ってにゃにゃまるがイライラしながら無理に全部食べさせることはしないようにしています。

 

目次にもどる

 

 ■欠席のときの連絡

子ども食堂の利用者は主に小さい子どもやお年寄りですので、インフルエンザはもちろん風邪で咳がひどいときなどもお休みするようにしています。その際欠席の連絡はできるだけ早めに、前日の朝には連絡するようにしています。

メニューによっては前日から仕込んでおくものもあるようですので、迷惑が掛からないよう気を付けています。

 

目次にもどる

 

 ■写真や映像に映りこまない

子ども食堂を利用しているとたまにテレビや雑誌、広報誌などの取材があったりします。そんな時には、「顔が映っても大丈夫?」なんて聞かれるのですが、必ずお断りするようにしています。これは子ども食堂における性質に理由があります。にゃにゃまるがお世話になっている子ども食堂は“孤食”がテーマ。そんな子ども食堂を利用していることが知られたら「うちは夕食時父親が不在です」って言っているようなもの。もし万が一悪意のある人が見た場合には、子どもたちが誘拐など何か事件に巻き込まれる可能性がゼロとも言えません。なので、取材などの場合は徹底して「顔が映らないようにお願いします」ときっぱりお願いするようにしています。

 

目次にもどる

 

まとめ

子ども食堂について実際の体験談を交えて綴りましたがいかがでしたでしょうか。

子ども食堂を運営される方は「子どもたちに喜んでほしい。おいしい食事を提供したい。」と思っておられる方がほとんどだと思いますので、子ども食堂ですごす時間は本当に暖かいものです。にゃにゃまるは子ども食堂があったからこそ毎日の家事育児にくじけずやってこられたと言っても過言ではありません。
「うちも利用許可してもらえるかなぁ」なんて不安に思っている方、ぜひ一度近くの子ども食堂に連絡してみてはいかがでしょうか。

 

目次にもどる

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM